シミは早めに適切なケアをすることが大事です

Strawberries

ある日突然顔に薄っすらと現れる顔のシミは、次第に色が濃くなったり他の部位にも現れることがあり、多くの女性が悩んでいる肌トラブルです。

原因は色々あり、紫外線を浴びた時のメラニン色素が沈着したことや、ホルモンバランスの乱れやストレス、また喫煙することで血行不足やビタミンの破壊などがあります。

女性の場合は30代を過ぎると肌に必要なコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドの分泌量が徐々に減ることで、弾力や保水力が弱まります。

この時期に入ったら正しい洗顔やスキンケアで、シミやシワなどの肌トラブルの予防をすることが大切です。

もしシミが出来てしまった場合でも、色が薄い時に肌ケアをすることで改善することも可能です。

最近は美白化粧品が充実しており、毎日手軽にケアをすることができます。今注目されているハイドロキノンやビタミンC誘導体を使用した化粧品は、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑えたり、出来てしまったシミを美白する効果があるのでオススメです。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは出来てしまったシミを薄くする効果が非常に高いとされる今注目の成分です。皮膚科でもシミの治療薬として用いられています。強い紫外線にあたると色素沈着する場合があるので夜のお手入れに使うほうが安全です。

この他にもメーカーごとに美白成分を次々に開発しています。どこも低価格のお試しせっとなどがありますので自分の肌に合うか試してみるのもいいかもしれませんね。

しかし毎日のケアが大変で短期間でシミを改善したい場合には、美容クリニックなどでレーザー治療や薬品治療があります。

市販の化粧品は時間が掛かりますが手頃な価格でケアをすることができ、美容クリニックなどの場合は施術費用が掛かりますが早期に改善することができます。それぞ短所長所があるので、自分に合ったケア方法を見つけることが大切です。

紫外線とメラニンの関係

シミは、紫外線や加齢、ストレスなど様々な要因により引き起こされますが、これはメラニンが肌に沈着したもので、このシミができるメカニズムを知ると対策が立て易くなります。

そこで、まずメラニンとは、人間の自己防御反応の1つで、表皮の基底層にはメラノサイトがあり、これが紫外線に当たるとメラニンを生成して、表皮角化細胞に供給することで、肌の表面の真皮に紫外線が届かないようブロックする役割があります。

そして、メラニンはアミノ酸のチロシンから生成され、このチロシンはチロシナーゼという酸化酵素により、メラニンへと変化します。

こうして出来たメラニンは通常表皮のターンオーバーにより角質とともに老廃物として排出されますが、紫外線により角化細胞に異常が起こると、色素細胞に生成指令を出し続け過剰にメラニンが作り出されます。

また、ホルモンについても、直接色素細胞に多くのメラニンを生成させます。こうして、過剰に作られたメラニンは通常のターンオーバーでは処理し切れずにシミとして残留してしまいます。

加えて、ターンオーバー自体の乱れがメラニンを排出できない要因の一つにもなり、これは加齢や物理的刺激、内的要因によることもあります。

紫外線には効能がある?!

肌にとってあまり有難くない紫外線ですが、ビダミンDの合成、消毒作用、血行や新陳代謝の活発化、皮膚の抵抗力の向上など、有用な面もたくさんあるんですよ。だからただ排除すればいいとうことでもないんです。紫外線と上手に付き合っていくことが大切なんです。

シミの原因が紫外線で作られる過剰なメラニンと聞けば、外出時には徹底的に防御して、日常生活で浴びる紫外線にも極端に敏感にならざるを得ない・・・女性ならではの悩みですね。

でも、もしメラニンがなければ人は紫外線から皮膚を守ることが出来ずにたちまち皮膚癌になってしまうのです。

ではいったい、どうすればいいのでしょうか?

メラニンを排出するには

シミができるのはは過剰に作られたメラニンを押し出す力、つまりメラニンが含まれた角質を押し出し、新しい皮膚を作る力が足りていない時メラニンは肌に残り、シミになるのです。

これら一連の肌のサイクルをターンオーバーと呼びますが、メラニンとターンオーバーという需要と供給のバランスが崩れた時シミが出来てしまうのです。そこで、紫外線を浴びないことももちろん大事ですが、ターンオーバーの力を高めてあげることも大事なのです。

そのためには肌を清潔な状態に保つこと、また肌荒れなどの状態をそのままにせず一刻もシミ 化粧品でケアをしながら早く保湿してあげることがポイントです。

基礎化粧品なども皮膚の再生力を助ける成分が豊富なものを選ぶようにしましょう。ターンオーバーをキーワードにすれば沢山のメーカーのものがヒットしますから、自身の今の肌の状態に一番合うものを選んで使うようにすると良いでしょう。